ブラック 介護 仕事 施設

2012&2013ブラック企業大賞ノミネートのワタミグループの介護施設で事故発生!

2015年2月19日

以前に、「ワタミの宅食」の配達の求人募集で、劣悪な請負条件で年配の方たちを募っていたことをお伝えしました。こちらです→ 「ワタミの宅食」の求人は団塊世代を狙ったブラック商法

ワタミグループは、2014年度上期実績で大幅な赤字決算発表しました。創業の国内外食は赤字幅が大幅に拡大し、宅食・介護部門は黒字ではありますが、前期に比べて減益となり、経営が厳しい状況にあります。↓(ワタミHPのIRより抜粋)
watami2
今回介護部門の一施設で食中毒事件が起き、1人の方が亡くなりました。本日以下のようなニュースが報じられました。
東京都は19日、「ワタミの介護」(大田区)が運営する有料老人ホーム「レストヴィラ東大和」(東大和市、65人入居)で入居者16人が集団食中毒を起こし、うち1人が死亡したと発表しました。

発表によると、76〜95歳の男女16人が12日夜から13日午後にかけて下痢や嘔吐などの症状を訴え、うち84歳の男性が吐しゃ物を喉に詰まらせて15日に死亡しました。

16人はいずれも、同ホームが10〜12日に提供した給食を食べていました。同ホームの調理担当者と入居者10人からノロウイルスが検出され、都は、給食を原因とする食中毒と断定しました。

都は、同社に対し、19日から3日間、同ホームでの食事を供給停止とする処分を行ったとのこと。
介護部門は、入居率が当初予想の83.3%から80。8%まで下がっており、特に開設から10年以上経つ施設においては71.4%と入居率は減少傾向にありました。
こういった事故があると、更に新規入居者を獲得することが困難になるので、経営が厳しくなることが予想されます。
創業の事業であった居酒屋などの外食部門は、一時期若い社員に過酷な労働条件で働かせて社員が自殺に至った経緯があります。
その後ブラック企業の代名詞になる企業に上げられ、2012年と2013年に行われたブラック企業大賞企画委員会が選出する、ブラック企業大賞ノミネート8社に2年連続選出されました。ブラック企業大賞

以前からお伝えしている通り、介護業界はどこの事業所も人手不足に悩んでいます。
更に、輪をかけるように今年4月からの介護報酬の引き下げが決まり、経営的に厳しい状況になるので、維持が困難と判断した事業所は自らの手で閉鎖や休止するところがでてきています。(いろんなところで閉鎖の話を聞くようになりました‥、まじでヤバイかも‥)
今回の事件で「ワタミの介護」は、経営的に相当厳しい状況になることが予想できます。
現在、有料老人ホームは相当な勢いで増え続けていますので、利用する側にとってはどんどん淘汰されていくことは決して悪いことばかりではありません。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

看護師 ブログランキングへ

-ブラック, 介護, 仕事, 施設

© 2020 介護業界で働きたい Powered by AFFINGER5