介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

介護 介護福祉士 仕事 学校 施設 資格 転職

2015年介護福祉士試験合格率予想と実務経験で受験された方へ

投稿日:2015年2月1日 更新日:

介護福祉士試験の新しい記事をアップしました  2015.2.18更新 ↓
第27回介護福祉士試験の合格点予想をネットで公開するみたいですが‥

介護福祉士試験の新しい記事をアップしました 2015.2.8更新 ↓
2015年 介護福祉士試験 難易度について

 

先週に介護福祉士を受験された方、お疲れさまでした。
一週間経って、気持ちは落ち着きましたでしょうか。
私は去年ケアマネ試験を受けたばかりなので、現在の心境が少しは理解できるかもしれません。
試験が終わった後すぐは、当分勉強しなくてもいいという安堵感はありましたが、自己採点した点数が合格圏内なのかが気になって仕方ありませんでした。
今回でこの試験は終わりしたいと試験後に思いましたが、多くの方も同じではないでしょうか。

合否の判断は最終的には、試験センターのさじ加減で決まったので、どうジタバタしても解決できないことはわかってはいるんですけど、拠りどころを探したくなってネットで調べたりしました。
介護福祉士に限らず、試験の合格率は介護業界の現状に大きく影響受けながら決めていることが予想できます。

介護福祉士の過去データを見ると、第24回から大きく合格率が上がっています。
要するに、ここ2.3年は介護福祉士が介護業界などから多く必要とされていることがわかります。

現在介護施設・介護サービス事業者は、介護職員の採用にずっと頭を痛めています。人手不足な状況にあるにも関わらず、介護が必要な高齢者は増え続けていますので、介護施設・介護サービス事業者は、その需要に合わせてどんどん増えています。
どう考えても、介護職員は足りないのは目に見えてます。
それでいて、介護の仕事を目指す方たちは、それほど多くありません。

それらを踏まえると、合格率はだいたい想像できます
合格率は最近の傾向どおり、60%台で推移する可能性が高いと思います。
当分の間は、先程の考えから介護職員が余剰になることは考えにくいからです。
介護福祉士試験は、易化が維持される方向にあると思います。

介護福祉士にまつわることで、以前より頭の痛い問題があります。
単純に説明すると、今までは介護現場で3年経験を積めば受験資格が与えられ、試験に合格すれば介護福祉士の資格を得られました。異業種から入ってきた方でも、大きな負担なく介護福祉士の資格を手に入れることができたのです。
しかし、それでは介護福祉士の資質に問題があると以前より議論されており、延期が続いたあげく今回の試験を最後に、実務経験者には450時間の実務者研修を受けてないと受験資格が与えらなくなる予定でした。
案の定、2014年の6月に平成28年4月延期され、来年の受験も今年と同じ受験資格で試験が受けられることになりました。
今年実務経験者の方で受験され、今年万が一不合格になったとしても、あと1回チャンスがあります!

介護福祉士の質の維持などを考えても、とても難しい決断になります
実務者研修が必要となれば、介護福祉士を持っていない介護職員は膨大な時間を研修に費やしてまで受験資格を取らない可能性が高いです。
そうなれば、受験者は減り、介護福祉士の取得する人数も減っていきます。
介護施設・介護サービス事業者とっては、更に人手不足問題が増えることになるので、最悪サービスが維持できなくなるかもしれません。

ちなみに、
第29回試験からの主な変更点は
1 実務経験ルートは、実務経験3年以上かつ実務者研修を修了した方が受験資格になります。

2 養成施設において、必要な知識及び技能を修得した方も、国家試験の受験が必要になります。

※第29回からは養成施設卒業にも、試験が必須になります。(私は未だに試験が免除だったことに驚きました‥)
 介護福祉士の養成施設の学科数は08年4月をピークに減っています。介護福祉士を目指して資格取得に励む方たちが年々少なくなっています。(わざわざ待遇的に劣悪な環境に飛び込まなくてもいいわけですから‥、仕事はやりがいのあるいい仕事だと思いますが‥)

介護福祉士試験の受験者データ(第16回~第26回)

回数 受験者 合格者 合格率
第26回 154,390 99,689 64.56%
第25回 136,375 87,797 64.38%
第24回 137,961 88,190 63.92%
第23回 154,223 74,432 48.26%
第22回 153,811 77,251 50.22%
第21回 130,830 67,993 51.97%
第20回 142,765  73,302 51.34%
第19回 145,946  73,606 50.43%
第18回 130,034 60,910 46.84%
第17回 90,602 38,576 42.58%
第16回 81,008 39,938 49.30%

今回に限らず、当面介護福祉士の合格率は、易化傾向を続くはずです。
長いスパンで見ると、看護師試験のように8.9割が合格するような試験になってもおかしくありません。
介護業界と介護福祉士試験にまつわる問題が大きすぎることが、受験者にとっては追い風になるかもしれません‥

●遠方の方でご来社でできない方やお忙しい方でも、お仕事続けながら気軽にお仕事紹介を受けることができます。


にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
介護ブログの人気サイトはこちらから

-介護, 介護福祉士, 仕事, 学校, 施設, 資格, 転職

執筆者:

関連記事

ケアマネ試験の結果通知書は捨てないで!

合格されたみなさん、おめでとうございます。 今日は目いっぱいよろこびに浸ってもいいかもしれません。 明日からまた日々の仕事にまい進しつづけてください。 これから実務研修に向けてご準備を進められている方 …

社会福祉士・精神保健福祉士を今年合格されたみなさん、相談職になられますか?

今年合格された、社会福祉士11,735名、精神保健福祉士4,417名のみなさんおめでとうございます 合格される前から相談業務に就かれている方は、資格保有者として一層仕事への取組みが強化されるかもしれま …

60歳以上でも、どこかで働くことできますか? (一億総活躍社会)

介護保険利用開始年齢を75歳にすると、国が破たんしないかわりに‥ 最新の記事を更新しました 60歳以上でも働けます すかいらーくとヤオコーがパート雇用70歳まで延長 H27.11.26 更新 前回、介 …

今週末28日から人気職種の理学療法士・作業療法士の国家試験が行われます

2月は医療系の国家試験が立て続けに行われます 2月に医療系の多くの国家試験が集中しているのは、卒業ギリギリまで学校の勉強できるようにして、卒業前に合否がわかって、卒業と同時にお仕事に就けるようにとの計 …

2015年の医療・福祉系の国家試験のデータから見えてくるもの

今年おこなわれた医療・福祉系の国家試験は、全て終了しました 最新の記事を更新しました 2月14日は看護師国家試験、解答速報は一覧よりご確認できます H28.2.13 更新 改めて合格率などを見ながら、 …