介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

ケアマネジャー 相談職 資格 転職

平成27年第18回ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修受講試験)まで、あと半年!

投稿日:2015年4月12日 更新日:

最新の記事を更新しました
ケアマネ試験合格後の実務研修その3 実習(ケアプラン作成)ってどんだけ大変なの? H27.11.11 更新

ケアマネジャーになるための試験の正式名称は、介護支援専門員実務研修受講試験という長い名前です。
要するに、実務研修(ケアマネ試験に合格した後に、必ず受けなければいけない研修)を受けることができる試験ということらしいです。

今年の試験概要を発表した都道府県も少しずつでてきました。
東京都は、東京都福祉保健財団のサイトより、受験要項・受験申込書の配布などの案内をすでに開始しております。
試験日については、厚生労働省からの告知はまだありませんが、10月11日(日曜日)でほぼ決定となりました。
去年の試験が10月26日だったので、今年は2週間ほど前倒しのスケジュールとなりました。

今年の試験から改正された一番大きな点としては、どんな資格保有者でも免除科目がなく、全60問の問題を解くことになったことです。
前回までは多くの受験者が45問で挑んでいましたから、そこから60問となると約1.3倍の問題数になります。
そうなると勉強量も1.3倍必要ということになります。

全員が60問受けることになるメリットとして、全員が同じ問題数で同じ問題を解くので公平に合否が決まる点です。
去年までのように、医療系の問題が難しかったら看護師が有利だったとか、福祉の問題は易しいので合格点が上がってしまったという嘆くこともこれからはありません。

試験日まで、まだ半年か、もう半年かは判断が分かれますが、今年度の過去問やテキストがすでに多くの出版社から発売されております。
初めて受験される方は、まずは1冊購入されてみるのもいいかもしれません。
試験前の総括で使う予想問題などは、これからの出版社が多く、例年5月頃に発売されています。

去年は、試験問題が免除される最後の年だったので、駆け込み受験者が多く例年より受験者が3万人程増えました。
今年は、去年よりも受験者が確実に減りそうな感じがします。

ケアマネ試験の合格率は、直近で4年連続10%台で推移していますので、受験者には厳しい状況が続きそうです。
現在の段階で、今年度のケアマネ試験の概要が発表された都道府県は、先程の東京と大阪府、岩手県、宮城県、山形県、三重県となります。
他の都道府県も発表が順次行われますので、こまめに受験地のサイトを確認されるといいかもしれません。

今年受験者される方、努力が報われて合格できるといいですね!
●合格後に、すぐにケアマネとして働たい方⇒非公開求人多数!「介護のお仕事」

“介護業界で待遇のいい所をお探しの方へ (中高年の方も大丈夫です!)

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
他ブログのケアマネ試験情報がご覧いただけます

-ケアマネジャー, 相談職, 資格, 転職

執筆者:

関連記事

介護保険の対象年齢が75歳以上となったら‥ 

若いうちから健康に気をつけて、体をメンテナンスするかもしれませんね‥ この話は、現在受講している介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修時に、講師の方が厚生労働省の方と談話された時にでてきた話というこ …

平成26年度介護支援専門員実務研修を受講された方、宿題は完成しましたか?

最新の記事を更新しました ケアマネ試験合格後の実務研修その3 実習(ケアプラン作成)ってどんだけ大変なの? H27.11.11 更新 去年、介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)に合格されて実 …

今週3月23~27日は、医療・福祉系の試験の合格発表が目白押し(介護福祉士試験・看護師試験など)

今年、医療・福祉系の試験を受験された多くの方は、来週にいよいよ心臓ドキドキの合格発表の時期を迎えます。 今週3月23~27日が合格発表の試験を並べてみましたが、相当な試験の数があります。 日本の暦的な …

今年の介護福祉士試験の合格率は過去最高の72.1%、だって受験者半減したし‥

今年の合格者55,031人でした、去年は88,300人なので3.3万人減りました‥ 介護福祉士試験過去最高の合格率だったのに、去年よりも3.3万人合格者が減りました。 そもそも、今年の受験者は76,3 …

何歳まで働きたい、何歳まで働かざるをえない‥

近い将来65歳を過ぎても、働いていることが当たり前になるでしょう‥ 総務省の労働力調査によると、65歳以上の高齢者の就業者数は、2013年に前年比6.9%増の636万人となり、就業者全体に占める割合が …