介護福祉士 資格 転職

コロナで失業しました…介護業界に資格なしでも転職できますか?

2020年5月10日

結論から言います、介護転職系の紹介会社に相談すればOKです

介護転職系の紹介会社に相談すれば、無資格でも介護業界で働ける転職先を探していただけます。

介護業界は超人手不足です。

働きながら介護の資格を取得できれば、今後の生活がより安定します。

介護の仕事はいくらでもあるので、仮に別の職場に転職したとしても、長く続けることもできます。

前の職場より条件のいい待遇で働くこともできます。

 

介護の資格のトップは国家資格の介護福祉士です

年1回筆記試験と実技試験の両方で判定する試験で、最新の合格率は以下のとおりです。

 

2020年「第32回 介護福祉士国家試験」  試験概要

 

・受験者数:84,032人
・合格者数:58,745人
・合格率:69.9%
・合格点:77点

 

介護福祉士の資格を取るには、学校で必要なカリキュラムを受講する必要があります。

すぐには取得は難しい資格ですが、他の介護の資格は比較的簡単に取得できる資格もあります。

介護の資格で一番最初に目指すのは以前はホームヘルパー2級という資格です

今はホームヘルパー2級とは言わずに、介護職員初任者研修といいます。

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は介護の基礎知識・スキルがあることを証明できる入門資格です。

最短1か月と短期間で取得でき、介護職を目指す方にとって取得すべき資格になります。

介護の現場で働く前に介護の資格を自分で取りたい方は

 

介護の仕事に興味があるけど、無資格でいきなり介護現場に飛び込むのは、ちょっと怖い…。

って思うなら、自分で介護の資格を学校で取るという選択肢もありです。

介護系の資格を取得するためのサイトとして『シカトル』があります。

「シカトル」は、介護・福祉・医療に特化した資格情報サイトです。

介護の資格が取れる複数の学校の資料がまとめて請求することができるので便利です。

シカトル




初任者研修資格取得にはスクールに通い、修了試験をパスする必要があります。

自分の家から通学可能な範囲のスクールを複数資料請求し、比較検討してみて下さい。

現役ケアマネジャーが介護業界の現状をお伝えします

私は現在、東京23区内にある介護支援事業所でケアマネジャーをしております。

ケアマネジャーの仕事の前は、同じ会社で市町村に必ず設置している地域包括支援センターという高齢者の総合相談窓口で9年務めていました。

どちらも高齢者の相談支援をするのが仕事です。

地域包括支援センターは、地域の高齢者の相談を受けたり、介護が必要にならないために介護予防の啓蒙などをおこなう窓口です。

詳細を知りたい方はこちら↓をご覧ください。

地域包括支援センターとは

私が働いているケアマネの事務所の隣には、訪問介護の事業所が併設しています。

訪問介護とは

訪問介護のお仕事は、在宅で生活している高齢者の方を対象として、掃除をしたり、買い物に行ったり、調理をするのが仕事です。

もっと体が大変な方には、おむつを取り替えたり、お風呂に入れるのを手伝ったりします。

訪問介護の会社には、訪問介護員(通称:登録ヘルパーさん)が大勢登録しています。

訪問介護の事務所には、毎日何人ものヘルパーさんが手続きなどで来所します。

ヘルパーさんの様子を伺っていると、ほとんどの方が女性で、50代以上の方が多くみられます。

介護業界全体で働いている方の平均年齢が気になります‥。

 

介護労働安定センターの平成30年度「介護労働実態調査」の結果をみると、

全介護労働者の 1 割は 65 歳以上という衝撃な結果がでていました。

 

公益財団法人 介護労働安定センター:資料参照

 

この結果から言えることは…

介護の仕事は40歳以上でも気にせず働ける業界です!

 

 

 

介護のお仕事の紹介会社はそれぞれ特色があります、一つずつ見ていきましょう!

1.無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

かいご畑

・かいご畑では介護の仕事(施設で就業の場合)を無資格から就業可能
・お仕事を紹介した方の57%は無資格者、働きながら介護資格を実質0円でとれる「キャリアアップ応援制度」あり
・介護職員初任者研修・実務者研修・介護福祉士(受験対策)といった介護資格をすべて無料で取得可
・関東、関西、東海、中国、九州の介護職の求人情報を6,000件以上掲載

2.【介護士さん限定!】リッチマン介護で支援金20万円が貰える転職!

リッチマン介護

・リッチマン介護は登録して介護のお仕事に就いていただいた方に就職お祝い金・資格取得お祝い金など最大35万円のお祝い金を支給
・求人会社に面接をおこなう必要がある場合、2,000円の交通費支給
・月給40万円以上の求人を中心に扱う高給与の求人専門サイトです

3.女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】

なでしこ介護士

・なでしこ介護士は「残業がない」 「育児・介護休暇がとりやすい」など、女性目線で長く働きやすい職場を紹介
・履歴書作成のアドバイス、職場見学や 面接のセッティング、雇用条件の交渉、現職の退職サポートまで 一貫した転職・就職サポートを無料で対応可能
・コーディネーターが全員女性、 男性に言いづらい「女性ならではの悩み」などの相談が可能

4.介護士の派遣・求人は!【きらケア 派遣】

きらケア 派遣

・きらケアは派遣なので高い時給で働くことが可能
・週4など働く日数を選べるため希望する働き方に合った職場が選べる
・条件に当てはまる方はどなたでも「0円」で資格取得支援スクールに通える
・希望にあった会社の職場見学することも可能
・給料の支払いは月払いだけではなく、「日払い」や「週払い」にも対応
・アドバイザーが人間関係やキャリアの悩みまで充実したサポートあり

コロナで今後の社会が予測つかない中、まずは安定した仕事を就くことが大事

現在、経営的に大変な業界は飲食店やエンタメ業界、スポーツ業界など多岐にわたっています。

仮にコロナウイルスが収束したとしても、1.2年くらいの間は普通に営業や興行活動はできないでしょう。

たとえば、飲食店ではコロナが収束してもソーシャルディスタンスの間隔で席を配置することになります。

コンサートは今までのように、ぎっしり観客を埋めておこなうことができなくなります。

コロナウイルス蔓延している中でも、国の介護保険に支えられている介護業界は、収入安定させるために働く業界として最適ではないでしょうか。

年齢が高くても大きなハンデにならず、反対に年齢が高い方が利用者に安心感を与えられる存在になりえます。

慢性的に人手不足の介護業界を転職の選択肢に入れていただければ、介護業界の救世主として迎えられますので、ぜひ楽しみにお待ちしています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-介護福祉士, 資格, 転職

© 2020 介護業界で働きたい Powered by AFFINGER5