介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

ケアマネジャー 資格

介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)まで、あと2週間!!

投稿日:

あと2週間切りました、最後の仕上げの時ですので体調管理に気をつけてください

今年ケアマネ試験を受験される皆さま、もうカウントダウンの鐘が鳴ってしまいました!

この時期は、当日の試験は緊張などから問題を解くスピードダウンしてしまうので、あらかじめ問題を解くスピードをつける練習を今ぐらいから開始した方がいいと思います。

過去問は繰り返し解いていると、試験問題と答えを暗記してしまうので、本番の試験よりも確実に早く解けてしまいます。

だからこそ、更なるスピードをつける必要があります。

私がこの時期に役に立ったと模擬試験問題集が以下の本です。↓

この本は3回分の模擬試験が載っており、一番最後の3回目の分は難易度を上げています。

過去問と同じようなスピードで解くのが難しくなっています。

この模試で最後の追い込みをするとすごく馬力がつきます。

私もおかげ様でこの模試で仕上げを行なって、2回目で合格することができました。

試験問題だけでなく、前半の部分に法改正の情報が掲載してあるので、早見表として利用することもできるのでとても便利です。

ちなみに私は試験当日、ギリギリまで法改正の部分を確認していました。

前回の28年度の介護支援専門員実務研修受講試験は過去最低の合格率13.1 %!

今年も厳しい状況が続きそうな気配です。

毎年ケアマネ試験の合格率が下がっていますので。

そんな状況でも、自分のやるべきことをしっかりやっている方は、合格という結果がついてきます。

ケアマネジャーは年齢がある程度高くなっても、続けられる仕事でもあります。

これからのライフプランを考えて、ケアマネジャーの資格を取得をしておくというのも一つの方法かと思います。

受験資格をお持ちの方であれば、何年かかってもケアマネ試験にトコトン勝負をしても問題ないかと思います。

あと少しで10月8日の試験日がきます、受験される多くの方がいい結果を残せることを心より願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

これから介護のお仕事を探される方は、以下のサイトを必要応じてご活用下さい。
●まずは相談からでも大丈夫です!転職活動を全面サポート!【きらケア】 (関東中心にお仕事を紹介します)
●すべての紹介先にコーディネーターが足を運び、実際の職場の雰囲気を確認しています⇒【介護求人すぐみつかるナビ】あなたに代わってプロが理想の求人を探します!来社不要!即日紹介! (関東中心にお仕事を紹介します)
●ケアマネ試験合格後に、実務研修前後まで非常勤として働きたい方は⇒
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑 (関東、関西、東海、中国、九州地方にお住まいの方)
●フルタイムではなく、時間を調整しながらお仕事を選びたい方、時間換算で高時給で働きたい方は⇒
派遣をお探しの介護士さんに!【きらケア 派遣】 (関東中心にお仕事を紹介します)

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
他ブログの介護関連の情報がご覧いただけます

-ケアマネジャー, 資格

執筆者:

関連記事

7月12日は、第34回福祉住環境コーディネーター検定試験2級・3級の試験日です!

試験当日は、合格速報のまとめサイトをアップする予定です! 最新の記事を更新しました 【解答速報】第35回福祉住環境コーディネーター検定試験終了後、ユーキャンから随時更新されます H27.11.22 更 …

明日は第18回ケアマネ試験合格発表の日です、結果が確認できる各都道府県のサイトを掲載

去年は8時頃に合格発表を掲載した都道府県がありました 最新の記事を更新しました ケアマネ試験合格発表まで2日切りました!全都道府県の実務研修サイトへ飛べます H28.11.20 更新 12月10日は、 …

東京都は、保育・介護職に約2万円補助(介護はキャリア段位取得条件)

東京都は、2015年度から保育士と介護職員の処遇を改善するため、職種環境の改善などをおこなった事業所に対し、職員1人につき1ヵ月平均2万円補助する独自の事業を開始します。 2015年度予算案に盛り込み …

ケアマネ試験の案内を入手されましたか? 今週が案内配布のピークです

試験案内を入手されている方も多いのではないでしょうか 今年ケアマネ試験(介護支援専門員実務研修受講試験)を受験される方は、すでに試験案内を入手された方がいるかもしれません。 早い都道府県は5月下旬から …

スクールソーシャルワーカーは、社会福祉士が担うのか?

子どもの貧困がこの頃、いろいろなところでささやかれています。子どもの6人に1人は貧困と言われています。 学校の現場で、子どものいろいろな問題を担う専門職を置いて、対応する動きが少しずつ見られています。 …