介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

シルバー産業 ライフスタイル 介護 貧困

高齢者が善人とは必ずしも限りません

法務省の「2013年版犯罪白書」によると、刑法犯の認知件数・検挙人員が減少傾向が続く中、検挙人員の高年齢化が進み、60際以上が23.8%、65歳以上が16.9%を占めるに至っている。

最近は全般的に高年齢化が進み、60歳以上の者の構成比は、1993年に5.7%であったのが、12年には23.8%を占め、特に65歳以上の高齢者が16.9%(4万8559人)を占めている。

高齢者の検挙人員の罪名別構成比をみると、一般刑法犯全体と比べて、窃盗の割合が高く、特に女子では約9割が窃盗であり、しかも万引きによるものの割合が約8割と際立って高い。

高齢者の入所受刑者人員も最近20年間ほぼ一貫して増加し、93年と比べて約5.6倍に激増している。

また、高齢者は入所受刑者全体と比べて、再入所の割合が高く、1度目の者が26.6%であるのに対して、2~5度目が33.5%、6度目が39.9%にも上る。

白書では、女子高齢者の窃盗による入所受刑者のみが著しく増加していることから、生活困窮等の事情だけでなく、別の動機や背景事情によるものも少なくないと考え、女子特有の問題点の解明が必要としています。

生活困窮等の事情だけでないって‥、どのようなことなのでしょうか。

ほとんどの高齢者は、実直に生活されているかとは思いますが、一部にはデータからわかるように、社会に反する行為をする方がいることは、事実として受け留めるべきかもしれません。

なかなかコメントしづらいことではありますが、窃盗などの行為が認知症など精神的な症状からでないことを祈るばかりです。

福祉・介護の資格を取得するには

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村

看護 ブログランキングへ

-シルバー産業, ライフスタイル, 介護, 貧困

Copyright© 介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.