介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

人手不足 介護 介護ロボ 仕事

ベンチャー企業が開発した歩行支援ロボで、高齢者を遠隔からでも見守ります!

投稿日:2015年7月15日 更新日:

RT.ワークスは、大阪にある従業員21名のベンチャー企業です

ロボットベンチャーのRT.ワークス(大阪市)は14日、富士通やNTTドコモと組み、歩行支援ロボットを使った高齢者見守りの実証実験を年内に始めると発表しました。(名だたる大手と手を組んで実験を行なっているんですね‥)
全地球測位システム(GPS)機能などを内蔵したロボットを活用し、高齢者の現在地や健康状態をスマートフォン(スマホ)で把握できる。介護施設や自治体と協力し、実証実験に取り組んでいます。
RT.ワークスは船井電機から独立したベンチャー企業です。
14日に発売した自社開発の歩行支援ロボ「ロボットアシストウォーカーRT.1」は離れた場所にいる家族や介護施設の職員が高齢者の歩いた距離、消費カロリーをスマホで確認できます。(全ての道はスマホに続く‥)
ロボット本体の価格は1台23万円。

富士通などは同ロボットを利用して得た高齢者の歩行距離や健康状態のデータを解析します。
高齢者の見守りサービスに生かすほか、体を動かさない生活により心身の機能が低下する「生活不活発病」の予防や治療につなげれるようにと作られています。

日々新しい商品が開発されている介護業界の未来は明るいです!

最近になって、介護業界にロボットが急速に導入されてつつあります。
介護職員や介護される高齢者に対して体の負担軽減されるスーツから、デイサービスなどでレクリエーションを行なうロボット、話し相手となるロボットなど、今一番ロボットが導入されるスピードが速い業界ではないでしょうか。
人手不足や重労働など問題が山積みの介護業界ではありますが、新しいモノやサービスがすごい勢いで開発され続けている業界でもありますので、あと10年も経つと介護業界にまったく違ったシステムが出来上がっている可能性もあります。
将来的に介護業界が若い人たちが憧れ目指すような働き場所になっていると、私は確信しております。

“介護のお仕事で今よりも環境がいい所をお望みの方へ (こちらは中高年の方も大丈夫です!)
“介護の資格を取得するには” (働きながらでも介護の資格を取得できます!)


にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
介護ブログの人気サイトはこちらから

-人手不足, 介護, 介護ロボ, 仕事

執筆者:

関連記事

8月から介護保険利用料の自己負担が2割になる方がいます

2000年の介護保険施行以来、初めて自己負担が2割になる方がいます 私が現在働いている包括の市町村では、今月下旬に介護保険の利用割合が確認できる介護保険負担割合証が介護保険の認定を受けられている方に一 …

明日28日は理学療法士、作業療法士の国家試験の筆記試験日です

東京が試験会場の受験者の方は、マラソンによる交通規制にご注意を いよいよ今年もリハビリ職の最高峰の理学療法士と作業療法士の国家試験が28日から始まります。 28日は筆記試験、29日は口述及び実技試験と …

非正規職員は、介護福祉士受験に消極的

東京都内で働く非正規介護職のうち、介護福祉士(介福士)の国家試験を受験したい人は、半分程度にとどまることが、東京都社協の調査で分かりました。 一方、施設や事業所の管理者の9割超は、非正規の職員に介福士 …

国交省、サービス付き高齢者向け住宅の税優遇を2年延長を決定

8月13日の日経朝刊に、サービス付き高齢者向け住宅の税優遇措置を、2017年3月末まで2年間延長するよう15年度税制改正で要望する方針という記事がありました。 今年の6月に決定した「医療介護総合確保促 …

要介護1,2でも特養に入れる要件とは?(地域医療介護確保法)

厚生労働省は7月に開いた全国介護保険担当課長会議にて、来年度から新規入所者が要介護3以上に限定される特養について、要介護1,2でも特例的に入所を認める際の要件、および入所判定の手続き等に関する指針の骨 …