介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

介護福祉士 社会福祉士 精神保健福祉士 資格

昨年度受験要件が上がって、今年度受験料が上がる「介護福祉士」は、本当に資格者を増やしたいんですか?

投稿日:2017年7月21日 更新日:

介護福祉士試験の受験料が今年度から2160円引き上げ、社会福祉士試験は倍増って‥

政府は7月14日の閣議で、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験の受験料を引き上げることに決めました。

今年度に行う試験から適用されますので、2018年1月の試験からとなります。

現行の額と見直し後の額は以下の通りです。

今年度より、社会福祉士は7540円から1万5440円に倍増。
介護福祉士は2160円増の1万5300円。
精神保健福祉士は1210円増の1万7610円になります。

厚生労働省は値上げの理由として、
○ 同じ年度で複数の資格にチャレンジできるよう、異なる試験日を設定する
○ 受験料の引き下げに活用していた社会福祉振興・試験センターの積立金が無くなった
○ 受験者数の動向、受験料などの収入と経費のバランス
などを上げられました。

昨年度受験者数が半減した介護福祉士試験は、巻き返しを図る状況にあるのに、更に受験者数が減少する要因となることをこのタイミングでおこなうとは、驚きを隠せません。(更に介護現場の人手不足が加速します‥)

社会福祉士試験に関しては、受験資格を取得するのが大変ですので、受験料が値上げしたことで受験を控えようとする動きにならないような気がします。

社会福祉振興・試験センターは以前、積立金について過剰に貯め込んでいると批判を浴びました‥

当時の民主党の長妻昭厚労相は、受験料を安くする形で社会に還元していくよう指示し、受験料は2011年度から数年間にわたって引き下げられましたが、積立金が枯渇した近年は2010年度以前の額より高くなっています。

介護福祉士の国試をめぐっては、昨年度の受験者数が一昨年度から半減して業界に衝撃が広がりました。

最大で450時間の「実務者研修」が新たに加えられたことが大きな要因とみられていますが、今後の介護福祉士試験の受験者数を見守っていきたいと思いいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

これから介護のお仕事を探される方は、以下のサイトを必要応じてご活用下さい。
●まずは相談からでも大丈夫です!転職活動を全面サポート!【きらケア】 (関東中心にお仕事を紹介します)
●すべての紹介先にコーディネーターが足を運び、実際の職場の雰囲気を確認しています⇒【介護求人すぐみつかるナビ】あなたに代わってプロが理想の求人を探します!来社不要!即日紹介! (関東中心にお仕事を紹介します)
●ケアマネ試験合格後に、実務研修前後まで非常勤として働きたい方は⇒
週3日OK・日勤のみのお仕事多数!介護専門求人サイトかいご畑 (関東、関西、東海、中国、九州地方にお住まいの方)
●フルタイムではなく、時間を調整しながらお仕事を選びたい方、時間換算で高時給で働きたい方は⇒
派遣をお探しの介護士さんに!【きらケア 派遣】 (関東中心にお仕事を紹介します)

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
他ブログの介護関連の情報がご覧いただけます

-介護福祉士, 社会福祉士, 精神保健福祉士, 資格

執筆者:

関連記事

都道府県に若年性認知症の専門員を配置します (2016年度より)

若年性認知症の専門員を早急に配置してください! 包括で相談を受ける中で、相談されても対応に困ってしまう内容の一つが若年性認知症の相談です。 家族から切実な内容で相談される場合が多いのですが、現在若年性 …

【速報】第27回社会福祉士国家試験の合格率は27.0%です

今年1月に第27回社会福祉士国家試験を受けられた方、やっと合格発表となりました。 今回の合格率が27.0%となりました。合格された方おめでとうございます!!!!! 去年と比べると0.5%減った程度です …

ケアマネ試験合格後の実務研修その2 4.5日目はアセスメントとケアプランを学びます

最新の記事を更新しました 明日は第18回ケアマネ試験合格発表の日です、結果が確認できる各都道府県のサイトを掲載 H27.12.9 更新 実務研修の4.5日目は、グループワーク形式で学びます。 最初の3 …

介護の仕事をしながら、いい転職先を探す方法がありますか?

来社できない方でも、即日からお仕事を紹介できます 現在介護の仕事を続けている方が次の転職先が探す場合、働くシフトなどで転職活動する時間のやりくりがとても大変かと思います。 ネットからの登録はわずか1分 …

これからの介護を担うのは、外国人かロボットか その1

今年になってから発表された介護報酬の引き下げは、怒りを通り越して呆れている私がいるので、少し冷静になってからそのことについては、お話ししようと思っていたところ、またイラッとくる話しが出てきました。 今 …