介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

介護 貧困

最近マスコミが、「貧困問題」を取り上げることが増えてきています

投稿日:2015年4月13日 更新日:

毎週発売される週刊ビジネス誌の特集で「貧困問題」を取り上げることが増えてきました。
最近ですと、週刊東洋経済の2015.4.11号があなたを待ち受ける貧困の罠という特集を組み、日経ビジネスの2015.3.23号が2000万人の貧困 必要なのは「福祉」より「投資」という特集を組みました。
週刊東洋経済と日経ビジネスは両方とも週刊ビジネス誌にも関わらず、貧困を特集にしてしまう様です‥。

本来なら、アベノミクスやら、最近著書を出した経済学者ピケティなど経済回りの特集を組んでもいいですが、5年前くらいからビジネス誌が介護や老後をテーマにすることが多くなりました。
世の中が複雑になってきて、単純に経営や経済でない分野にも経済的な要素がでてきたということでしょうか‥。
ここ1.2年の間に、ビジネス誌だけでなくマスコミ全体が「貧困問題」をテーマとして取り上げるようにもなりました。
本屋に行くと貧困のテーマで書かれた新刊も多く見かけます。

アベノミクスや景気回復などの言葉が頻繁聞かれ、景気回復の影響からの人手不足、直近では株価が2万円に迫っている状況なのに、流れが逆の方向の「貧困問題」が取りざたされているのを見ていると不思議な感じに思えます。

去年NHKの「クローズアップ現代」では、貧困問題をテーマにした番組を作り多くの反響を受けました。
最近、その番組を単行本にまとめ本屋に並んでいるのも見かけました。

子どもの貧困、女性の貧困をテーマに書かれている特集記事を見かけますが、そういった記事の多くは、どれだけ悲惨かをアピールするかのように書かれていることが多く、不安心理を煽ることで興味を惹こうとしている感じがして少し違和感を覚えます。
こういった状況は、景気が回復して雇用環境が改善してくれば収まってくるのでしょうか‥。

子どもの貧困が増えてきているのは現実のようです。
子どもは、教育を受けるべき時期に教育を受けられないと、その後の学習で遅れを取り戻せない状況になってしまう可能性があります。
そういった子どもたちやその家族が一番取るべき方法は、相談にのってくれる窓口に行ったり、頼りになる相談者につながるように動くことです。

私は現在地域包括支援センター(包括)で働いていますが、地域の高齢者が生活保護の対象となっていることは、私の地区に限らず全国的に一定の割合でいます。
包括は必ず地域に中学校と同じエリアくらいに設置しなければならないので、全国にほぼ設置されています。
私たちは、お金の相談に対して直接支援することはできませんが、生活に困っている方から相談を受けた場合は関係機関につないだり、情報提供することをできます。

包括の子ども版である、子供家庭支援センターは全国的に包括ほど設置数は多くありません。
介護保険のように子どもやその家族を支援するサービスなど勿論ありません。

実際問題として、子どもの貧困が今後大きな問題になる可能性があります。
そういった場合、子供家庭支援センターの一部の機能を包括の窓口が兼務するなど早急な手立てがでてくるかもしれません。
子どもやその家族の支援については、介護保険や手厚い行政サービスがある高齢者のようには進んでないのが現実です。

包括をほぼ全国に配置が済んでおり、今後は高齢者の増加に合わせて分割している段階です。
子どもの支援について、国がどれだけの意識があるかで今後の動きが変わってきます。

現在の人手不足の状況が、雇用を望む多くの方に雇用の機会が得られることと、非正規雇用から正規雇用に転換する流れになることを期待します。
こちらがNHKがテレビ放映した内容をまとめた本です↓

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
アクセスが多い介護・看護ブログを確認

-介護, 貧困

執筆者:

関連記事

ベンチャー企業が開発した歩行支援ロボで、高齢者を遠隔からでも見守ります!

RT.ワークスは、大阪にある従業員21名のベンチャー企業です ロボットベンチャーのRT.ワークス(大阪市)は14日、富士通やNTTドコモと組み、歩行支援ロボットを使った高齢者見守りの実証実験を年内に始 …

15年間で「増えた仕事」1位は介護職員! -会社四季報業界地図より

福祉・医療関係のお仕事は、「増えた仕事」ランク上位に多し 先月の8月28日発売の「会社四季報業界地図2016年版」に、職業別就業人口が15年前からどれほど変化したかを独自計算し、1995年~2010年 …

「茶話本舗」の前経営者は、売却後も陣頭指揮!?

最新の記事を更新しました 少し古いニュースですが、ブラック企業大賞2016に茶話本舗のFC企業がノミネートされました H29.7.16 更新 「茶話本舗」の名称で「お泊りデイ」を700店以上FC展開す …

サイバーダインの装着型ロボ、医療機器としての承認を厚労省に申請

筑波大学発のベンチャー企業、サイバーダインは装着型ロボット「HAL-HN01」の医療機器としての承認を厚労省に申請しました。 神経や筋肉の障がいがあり、歩行が不安定な患者の治験で、歩行改善効果と安全性 …

受験資格を問わない「福祉住環境コーディネーター」が4月28日から申込開始

高齢者や障がい者に住みやすい環境を提案する「福祉住環境コーディネーター」の2級、3級試験が7月12日(日)に行われます。(まだ今からでも勉強間に合いますよ‥) 申込期間は4月28日(火)~5月29日( …