介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

シニアBiz シニアビジネス

尿漏れではなく、「軽失禁」と呼びましょう

投稿日:

尿漏れというと、高齢者に対して使うイメージがありますが、近年高齢者にまでいかない、30代の女性・男性でも起こりうる症状になってきています。

人には言いづらい症状なので、世間には多く知られていないのが現実です。

そこで、オムツメーカーなどは尿漏れという言葉は使わずに、「軽失禁」という言葉を使っています。

少しでもイメージで近寄りがたくさせないように、柔らかい表現にして、潜在的な対象者に商品を使ってもらおうと動き出しています。

大手オムツメーカーの花王や日本製紙クレシアなど日用品大手が、男性向けに軽失禁パッドの新商品を相次いで発売しています。

軽い尿漏れでズボンにしみができるのを防ぎます。

女性用ではメーカー出荷額ベースで200億円を超え2ケタ成長が続いている。男性用も潜在需要があるとみられ、新たな身だしなみとして定着させたい考えだ。特に女性は、妊娠・出産を契機にそのような症状になる場合が少なくありません。

花王によると、50歳以上の男性は3人に1人の割合で尿漏れの経験がある。男性用の軽失禁パッドはこれまで吸収量が150cc以上の大容量タイプが中心で、着用すると目立ち、動きにくかった。日本製紙クレシアの調べでは95%の男性が対処していないという。

ユニ・チャームによると女性用の軽失禁対策の市場は2009年から2ケタ成長が続き、13年は約283億円。男性用は13年に2億円前後とみられる。

尿漏れという表現から、「軽失禁」という表現に変えるだけで、気持ちの受け止め方が変わり、今まで躊躇していた方たちの利用が拡大していきそうですね‥。






にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村

看護 ブログランキングへ

-シニアBiz, シニアビジネス

執筆者:

関連記事

ソフトバンク、60歳以上の店員を組織化

ソフトバンクは60歳以上の店員を組織化し、シニア客にスマホの利用方法を教える取組を強化する。 シニアには使い方や料金などの不安から、従来型携帯電話からスマホへの切り替えをためらう人も目立つ。 同世代か …

これからの介護を担うのは、外国人かロボットか その2

介護業界の人手不足解消するため、外国人で賄おうとする政府の安易な対応策は前回お伝えしましたが、今回はもっと現実的で未来への期待を感じる支援策です(介護業界の人手不足解消と製造業の復活が見込めます!)。 …

介護ロボは、国の重点政策

少し前の話しになりますが、平成24年11月に経済産業省と厚生労働省は、ロボット技術による介護現場への貢献や新産業創出のため、「ロボット技術の介護利用における重点分野」を策定しました。 国として重点的に …

ケアローソンは、今後首都圏に増やす予定です! (ウイズネット社長より)

8月5日にさいたま市に2号店をオープンしました 最新の記事を更新しました ケアマネが常駐するケアローソンの4号店が、西日本に初出店します! H28.1.9 更新 介護福祉サービスのウイズネット(さいた …

茶話本舗の今までの記事を並べてみました

最新の記事を更新しました 少し古いニュースですが、ブラック企業大賞2016に茶話本舗のFC企業がノミネートされました H29.7.16 更新 今年最後の記事ですが、毎回多くの方にアクセスいただくので、 …