介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

人手不足 仕事 資格 転職 高齢者雇用

高齢者の就業者数が過去最多となりました(世界でも日本が一番多いです) 何歳まで働けますか?

投稿日:2015年10月19日 更新日:

年々高齢者の働く割合が増えています

労働力調査によると、働いている高齢者(65歳以上)は平成26年に681万人に上り、11年連続の増加で過去最多となりました。(働きたいのか、働かざるを得ないのか‥)

高齢者の就業率については男性が29.3%、女性が14.3%で、65~69歳の男性は50.5%、女性は30.5%となっています。(70歳未満の方は結構働いているんですね‥)

15歳以上の就業者総数に占める高齢者の割合は、10.7%とこれまでで一番高くなりました。

世界の中でも高齢者が働いている割合が日本が一番です

主要8か国のなかでも日本が高齢者が一番働いている割合が高く、20.8%と他の国を引き離しています。
2位のアメリカは17.7%ですので、3.1ポイントも上回っています。
ちなみに、3位はカナダ、4位はロシアになります。

例えば、自宅で高齢の夫を高齢の妻が介護する場合、老々介護と言いますが、現在人手が足りない業種の一つになっている介護業界は、ヘルパーを中心に65歳以上の方でも活き活きと働いている方は少なくありません。

実際、資格を持っていれば自分のペースで働ける仕事であり、介護事業所は地域にいくつもある場合は多いです。
働く目的として、お金を稼ぐだけでなく、やりがいや達成感という目的で実際働いている方も少なくありません。

これからの人生、年々上がっている平均寿命から考えると、働ける年齢も年々上がっていくでしょうね。
いつまでも、活き活きと過ごすことが健康の秘訣となると思いますが、働くことで活き活きと感じられる方が高齢の方でも、どんどん増えていくような気がします。

この記事は、以前に書いたものですが、多くの方に読んでいただいてます。
やはりいつまでも働きたいという思っている方が多いという証拠かもしれません。↓

65歳からでも、どこかで働くことできますか? H27.2.21 更新

介護業界の場合
●介護の資格を検討される方へ

65歳を過ぎてても介護職員やケアマネの求人など、豊富な案件からお選びできます


“介護業界でお仕事をお探しの方へ” (こちらも中高年の方も登録でき、仕事を紹介します!)

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
介護ブログの人気サイトはこちらから

-人手不足, 仕事, 資格, 転職, 高齢者雇用

執筆者:

関連記事

介護福祉士として働いていただければ、町で奨学金を出します!

地方では、介護人材不足から介護サービスに支障がきたしています 鳥取県日南町は、介護福祉士を目指す人を対象とした独自の奨学金制度を創設すると発表しました。 厚生労働省によると、市町村などの自治体による介 …

東京都が中小の介護事業所の「従業員の定着支援」をはじめます

平成26年12月に、都高齢者福祉施設協議会の緊急調査によると、回答のあった施設のうち半数近い47.5%で職員が不足しているとのこと。入所を断り、ショートステイのサービスをなくす施設もでてきています。( …

ワタミの株主総会で、株主より「介護事業を売るべきだ」と指摘される‥

ワタミにとっては、赤字が続く中での総会なので厳しい質問攻めへの対応準備か 最新の記事を更新しました 介護事業の売却発表した“ブラック企業”ワタミは、外食と宅食も厳しさ続く H27.10.21更新 6月 …

患者投稿を分析して治療に活用

質問回答サイト大手のオウケイウェイブは、佐賀大などと健康に関する共同研究を始めます。 オウケイウェイブは、12月、佐賀大学医学部付属病院の患者専用のコミュニティーサイトを開設。 ITを使った医療サービ …

介護福祉士と保育士の資格の統一を目指す 塩崎大臣のコメントが厚労省のサイトに掲載

今年4月14日に、塩崎大臣閣議後記者会見行なわれましたが、その時のコメントが厚生労働省のサイトから確認できます。 厚生労働省のサイトに掲載されていた一部を以下に抜粋しました。 ●塩崎大臣のコメント● …