介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

仕事 看護師 資格 転職

2015年看護師国家試験受験者の方へ、いつか訪問看護を目指して下さい!その1

投稿日:2015年3月10日 更新日:

3月25日の合格発表まで、あと2週間となりました

最新の記事を更新しました
2月14日は看護師国家試験、解答速報は一覧よりご確認できます H28.2.13 更新
ほとんどの方がすでに、病院やクリニック、保健所などに勤めることが決まっているかと思います。

私が現在働いているのは、医療系ではなく、地域包括支援センターという高齢者の相談窓口であり、介護分野になります。
介護分野は、どの職場を人手不足に陥っています。
介護施設や介護のサービスは、どんどん増えていきますが、そこで働くマンパワーが絶対的に不足しており、さらに離職率が高い業界なので簡単に転職してしまう方が少なくありません。

今後介護の世界の流れは「地域包括ケア」(※高齢者が人生の最期まで住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けるために必要な支援体制を、2025年までに整えることを目指している)という名のもとに、在宅系のサービスの拡充をおこなっています。
その中で、人手不足、事業所不足状態なのが、訪問看護ステーションです。
訪問看護は、基本、看護師一人で訪問し、利用者の状況を見ながら体調を管理することが仕事になります。
医師の指示書をもとに仕事がおこないますが、多くの判断を一人でしなくてはならず、経験が多く求められる職場でもあります。
以前に記事で訪問看護師コースが大学に新設されます で書いたとおり、訪問看護の人材を育てるため学生時代から多くの経験を積んでもらうカリキュラムを組み、早い段階で訪問看護の仕事を担えるように教育現場も含めて取り組んでいます。
訪問看護には、やりがいという大きなモチベーションがありますが、もう一つ大きなモチベーションがあります。(いやらしい言い方だな‥)
お給料は看護業界の中でも高めにされているケースが多く、600万前後の年収を出すところも少ないありません。
その点は、介護業界よりも素敵な部分の一つでもあります。(介護分野も、そんな給料がもらえる時期がいずれ来ます‥ホントかよ)
今年受験されたみなさん、多くの方が最初に働く場所は訪問看護ステーションでないと思いますが、介護の世界は、訪問看護に限らず、看護師を必要としている事業所がたくさんあります。(地域包括支援センターも、その一つです)
看護師は、医療系、介護系両方で働ける素晴らしい資格です。
そのパスポートをもうすぐ手に入れるみなさんには、介護現場の窮状を知っていただきたく、このような記事を書かせていただきました。
あと2週間、素晴らしい結果が待っていることを心からお祈りしております。

介護業界に興味がある看護師さんへ日勤の求人をお探しの方へ
夜勤に疲れた看護師さん必見/介護施設求人ガイド


●介護業界を目指す看護師さんへ ←今後の仕事探しに、頼りになるコーディネーターがおります

介護業界でお仕事をお探しの方

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
他ブログの試験情報がご覧いただけます

-仕事, 看護師, 資格, 転職

執筆者:

関連記事

平成27年度ケアマネ試験は、通常より2週間程早い10月11日です!

例年より早い試験日程で、全員免除なしの60問!(マジですか‥) 今年ケアマネジャーの試験を受験される皆さま、試験まであと1ヵ月ちょっとなりました。 今年の試験日程は、例年より2週間程早く10月11日と …

都道府県に若年性認知症の専門員を配置します (2016年度より)

若年性認知症の専門員を早急に配置してください! 包括で相談を受ける中で、相談されても対応に困ってしまう内容の一つが若年性認知症の相談です。 家族から切実な内容で相談される場合が多いのですが、現在若年性 …

今日7月10日は、第36回福祉住環境コーディネーター2.3級の試験です

福祉住環境コーディネーター2.3級を受験された皆さま、お疲れさまでした 夏の暑い中での試験は、会場までのアクセスが大変だったかもしれませんね。 あとは、試験結果を待つだけです ユーキャンのサイトから解 …

【速報】第51回理学療法士と作業療法士の国家試験の解答速報が順次公開されます

午前問題から、順次解答速報が公開されます 本日受験された皆さま、本当にお疲れさまでした。 明日も口述試験と実技試験がありますので、お帰りになりましたら体調に気をつけてお休みください。 ※東京会場で受験 …

介護の資格が欲しい方、わが町は住居と資格費用を提供します!

日本は少子高齢化の流れを止めることができていません 高齢化率の上昇と人口の減少で、介護保険のサービスが使える立場にあってもそれも提供する人手がいないために、地方によっては介護のサービスが利用できなくな …