介護業界で働きたい! 介護職・ケアマネ等の最新求人情報

介護福祉士・ケアマネジャー・ヘルパー・社会福祉士・精神保健福祉士等の転職や求人に関わる最新情報を提供します

人手不足 介護 仕事

2025年、介護人材が足りない都道府県と充足する都道府県はどこ?

投稿日:2015年6月27日 更新日:

2025年といえば、あと10年。どれだけ介護人材が足りないのでしょうか?

厚生労働省から2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計について、確定値がまとまったので公表されることになりました。
2025年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について(PDF:635KB) (厚生労働省HPより引用)

高齢化で介護サービスの利用者が増えて253万人の職員が必要になる一方、実際に働くのは215.2万人にとどまります。
都道府県別にみると、宮城県や群馬県など地方での不足が目立っています。

全国の市町村の計画に基づき、介護業務に就く職員の必要人数を推計しました。

2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)

介護人材の需要見込み(2025 年度)253.0 万人
現状推移シナリオによる
介護人材の供給見込み(2025 年度)
215.2 万人
需給ギャップ37.7 万人

介護人材が足りない都道府県第1位は?

都道府県別に見てみると、25年度に介護職員が最も不足するのが宮城県の69%。
宮城県は復興事業などで介護業界への人材供給が進んでいないことが背景にあります。
第2位は群馬県(73.5%)、第3位は埼玉県(77.4%)、第4栃木県(78.1%)、第四位は茨城県(80.1%)など関東の北部で人手不足が目立ちます。
介護職員が充足している都道府県を見てみると、最も高かったのは島根県の98.1%。
第2は佐賀県(96%)、第3位は鹿児島県(95.7%)など九州ではほぼ9割を超えていました。
介護人材が足りないと指摘された関東地方の県は、今後どう巻き返しを図るのでしょうか。

このデータを見て人材会社などは、介護系の資格を希望者を募って取得させ、北関東を中心とした介護事業所へ送り込む人材ビジネスを構築するかもしれません。

介護人材不足の解決策としては、私が考えているのはリタイアされた中高年や高齢者でも元気な方たちに、介護の現場で活躍していただくことです。
まだまだ働きたい60代、70代は少なくありません。体力的な負担を考慮しながら働くことも可能かと思います。
他にもいろいろな解決策があると思いますので、明るく楽しく日本の将来の介護を考えていければと思います。

“介護業界で好条件の仕事を探す方には” (中高年の方でも大丈夫です!)
“介護の資格を取得するには”
にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
介護ブログの人気サイトはこちらから

-人手不足, 介護, 仕事

執筆者:

関連記事

要支援の訪問介護・通所介護が、市町村が行う地域支援事業に移行します

厚生労働省老健局から、来年度から変更される介護予防・日常生活支援総合事業のガイドライン案が、提示されました。その内容を見ると、通所介護については以下の4種類に分けられる案がでています。 ①既存の通所介 …

官民ファンドがAIでケアプランを作る会社を設立!ケアマネは必要なくなる?

ケアマネの合格率が低かったのは、いずれケアマネの仕事をなくすからか‥ 官民ファンドの産業革新機構は14日、人工知能(AI)を活用して介護サービス計画(ケアプラン)を提供する新会社を設立すると発表しまし …

東京都は、保育・介護職に約2万円補助(介護はキャリア段位取得条件)

東京都は、2015年度から保育士と介護職員の処遇を改善するため、職種環境の改善などをおこなった事業所に対し、職員1人につき1ヵ月平均2万円補助する独自の事業を開始します。 2015年度予算案に盛り込み …

介護ビジネスの新規立ち上げが減っています -人手不足・投資負担などの影響

2010年以降初めての減少となりました 2014年新しく設立された老人福祉・介護事業者は3,645社のぼります。 2014年の老人福祉・介護事業者の新設法人数は、2010年(1,557件)に比べて2. …

速報、来年のケアマネ試験の問題数!

今年ケアマネ試験の受験されたみなさまとその関係者さま、とうとう発表まで残り2日となりました。 もう、ジタバタしても仕方ありません。 審判が下されるのを待つしかありません。 “バサッ“ あれ‥? あっ、 …